【プロフィール】


岡山県岡山市に生まれ、3歳よりヤマハ音楽教室でピアノを始める。

加えて作・編曲やアンサンブルについても経験・知識・感性を深め、中学・高校を通じて吹奏楽も体験する中(中学ではクラリネット、高校では打楽器を担当)、ピアノへの思いをさらに強くし、岡山県立岡山城東高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻へと進学。在学中にはアリアドネ・ムジカ賞を、また首席で卒業時にはアカンサス賞、安宅賞、大賀典雄賞、同声会賞、三菱地所賞などを受賞して注目された。

2010年には東京藝術大学大学院へと進み、2013年3月に首席で修了。クロイツァー賞、大学院アカンサス賞、藝大クラヴィーア大賞を受賞。大学院修了後は国外のマスタークラスを受講しながら研鑽を積み、2014年1月にはパリのサル・コルトーにおいてリサイタルを行い、パリ楽壇へデビュー。同年4月には故郷の岡山ルネスホール、名古屋の宗次ホール、東京の浜離宮朝日ホールでデビュー・リサイタルを行い、バッハ=ブゾーニ、シューマン、ブラームス、ショパン、ラフマニノフといった作品を鮮やかに演奏して好評を博した。

2014年秋より、ロームミュージックファンデーション奨学生として、ポーランドのビドゴシチ音楽院研究科へ留学。現地での奮闘ぶりとワルシャワでの生活については、ヤマハWEBサイト内『ピアニスト中桐望の留学一年生!奮闘記 in Poland』で見ることができる。

2015年1月にはデビューCD『ショパン&ラフマニノフ』(オクタヴィア・レコード)がリリースされ、そのリリース記念として同年の3月〜4月に東京・名古屋・大阪・岡山・愛媛などでリサイタル・ツアーを開催。特に東京の浜離宮朝日ホールでのオール・ショパンプログラムの演奏が高く評価され、2015年度の日本ショパン協会賞に選ばれる。これからの活躍が楽しみな若手ピアニストの一人として、音楽ファンおよび音楽評論家・ジャーナリスト等から期待を寄せられている。

これまでに岡山フィルハーモニック管弦楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、藝大フィルハーモニア、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、Orquestra Simfonica del Valles (スペイン)等、多数オーケストラと共演する他、国内外でのリサイタルや音楽祭に多数出演。ピアノを内山優子、近藤邦彦、平川真理、芦田田鶴子、大野眞嗣、角野裕、エヴァ・ポブウォツカの各氏に、ピアノデュオを角野裕氏、室内楽を岡山潔、伊藤恵の各氏に師事。

2016年秋にポーランド留学を終えて帰国、現在は東京・岡山を中心に演奏活動を行うほか、後進の指導にも力を注いでいる。

日本ショパン協会正会員。 

 

2013年モーツァルテウム国際夏期講習(ザルツブルク)Prize Winner表彰式にて
2013年モーツァルテウム国際夏期講習(ザルツブルク)Prize Winner表彰式にて

ー コンクール・受賞歴 ー

第39回山陽学生音楽コンクール・高校生ピアノ部門第1位。(2004年)

第15回日本クラシック音楽コンクール全国大会・高校生ピアノ部門第4位(最高位)。(2005年)

17回吹田音楽コンクール第1位。(2006年)

78回日本音楽コンクール第2位。(2009年)

3回ロザリオ・マルシアーノ国際ピアノコンクール(ウィーン)2位、併せてコンクール委嘱新曲課題曲の最優秀演奏者に贈られるSonja Huber賞受賞。(2011年)

58回マリア・カナルス国際音楽コンクール(スペイン・バルセロナ)2位、併せて聴衆賞受賞。(2012年)

8回浜松国際ピアノコンクールで日本人過去最高位となる第2位入賞(2012年)

 

第7回ピアナーレ国際ピアノアカデミー&コンクール(ドイツ)第1位。(2013年)

15回グリーグ国際ピアノコンクール(ノルウェー・ベルゲン) セミファイナリスト、併せてAAF(アーリンク・アルゲリッチ財団)賞を受賞。(2016年)

ピアノデュオも積極的に活動しており、第17回吹田音楽コンクール・ピアノデュオ部門で最高位(1位なしの2位入賞)、第18回シューベルト国際ピアノデュオコンクール(チェコ)1位、併せてシューベルト賞を受賞。(2013年) 

 

岡山芸術文化賞・グランプリ(2010年)、福武文化奨励賞(2015年)、日本ショパン協会賞(2015年)を受賞。